社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 元気な会社の事例紹介1  「株式会社ファースト・コラボレーション様」

元気な会社の事例紹介1  「株式会社ファースト・コラボレーション様」

元気な会社の事例紹介1  「株式会社ファースト・コラボレーション様」

これぞ人本経営と体感できる会社

大切にされた社員たちが出した答えが、エイブルCS(顧客満足度)連続日本一の快挙

 

高知県で不動産業を営んでいる株式会社ファースト・コラボレーション。
同社はこれから人本経営を実践しようという会社にとって格好のモデルとなる企業です。

ぜひベンチマーク(企業が他社の優良事例を分析し、学び、取り入れる手法のこと)をして近づく努力をしていきましょう。

 

ポイント1 人本経営者のスタンス

 

武樋泰臣社長はこう語ります。

「社長のための、社長が主役の会社ではなく、社員一人ひとりのよりよい人生のための、社員が主役の会社が理想です。」

「社員がパートナーというより、自分自身が社員のパートナーとなりえているかどうかを、自らに問うことを心がけている。」ということです。

「当社は逆ピラミッド、逆三角形の一番下に社長がいて、現場が仕事をしやすいように支援をするのが社長の役割。」

人本経営では、社員一人ひとりが主人公になり、やらされ感のない職場をつくっていくことが肝になりますが、それを実践していくための経営者のスタンスを見事に表現されています。

 

武樋泰臣社長

 

ポイント2 社風をよくすることが業績につながっていく

 

同社も最初から幸せ軸の人本経営を実現できていたわけではありません。2つの不動産会社を合併して経営者になった武樋社長は、最初は業績軸で急成長をさせていくことを考えています。1年目こそそれなりの業績となりましたが、その先が続きませんでした。業績は下がる一方で職場の状態は悪化していきました。

しかし、その時に重要な気づきを得たのです。

2つある店の違い。ひとつのお店は経験者ばかりの玄人集団、一方のお店は素人ばかり。

玄人集団のお店はギスギスして組織が疲弊していると感じられ、素人集団のお店は社員がとにかく楽しくやっています。

玄人集団のお店は物件の平均単価も高く、市場規模としては素人集団のお店の6倍はあるのに、2つのお店の売上がほぼ同じという結果になっていました。

その素人集団の中心となっていたのが、その後顧客満足度日本一を達成する女性社員だったのです。

社風と業績に相関関係があると気づいた武樋社長は、「元気で明るい風土」「ひとりひとりが主人公」「チームワークが発揮される職場」が実現できることを経営理念にこめて社員との共有化をはかっていくことにしました。社員からのこんな会社にしたいという意見も妥協なく吸い上げていきました。

その結果、
「フラットな組織」「命令なし」「ノルマなし」「歩合なし」「営業なし」

という経営スタイルが実現されていきました。

ふたたび武樋社長の談です。

「空気感がお客さんを呼んでいる。職場のムードが盛り上がっているときは必ず業績が上がるのです。」

 

ポイント3 仕事の都合より家庭の都合を優先していい企業文化の形成

 

職場でいい仕事をしてもらうためには、家庭がいい状態になっていることが何よりも大事だと人本経営では考えます。真っ先に幸せ感を高めていくステークホルダーは、「社員とその家族」なのです。

業績軸では家庭の都合はないがしろにされがちでしたが、幸せ軸では真逆に働きます。考えて見れば道理です。子供の小学校の入学式や滅多にない行事は、その家族にとって一生に一度の経験です。子供の成長を実感できる大切な場に、仕事の都合で社員が立ち会えなければ、幸せの実感から遠のいてしまいます。ですから、家族にとって大切な日は仕事を休んででも人生を満喫してほしいと人本経営者は考えるのです。そして、このことはお互い様ですから、こういう企業文化が進展していくと、とても助け合い、思いやりのある職場の風土が創られていきます。

家庭での幸せを実感できた次の日の社員のモチベーションはとてつもなく高いと武樋社長。

 

大切にされている社員たちが出した結果は、フランチャイズに加盟しているエイブル顧客満足度アンケートで約800店舗の中で1位、また個人部門でも2006年度以降全国上位トップ10で表彰される社員を継続して輩出し続け、2014年は約3200人中の1位、2位、3位、5位、8位の5人が同社社員という誇るべき結果でした。やりがい、働きがいに満ちた社員たちが醸し出す職場の空気感に触れて顧客満足度が高められているからこその結果です。もちろん、この間業績も堅調に推移してきています。

 

この映像からも同社の職場の魅力が伝わってきます。

https://www.youtube.com/watch?v=yFbOD2KgwYg

 

株式会社ファースト・コラボレーション (代表取締役 武樋 秦臣)

アパート、マンションなどの賃貸仲介及び不動産管理業。創業以来増収増益を続け、加盟する全国ネットワークの顧客満足度調査では、6度の日本一を含め複数のスタッフが毎年上位選出され、3年連続の最優秀店舗賞を受賞するなど、全国トップクラスの顧客満足度を誇る。「社員一人一人が主役の会社」を目指し、子育てサポートの充実にも積極的に取り組んでいる。2012年、「第1回四国でいちばん大切にしたい会社大賞」奨励賞を受賞。2013年には「おもてなし経営企業選」(経済産業省)、高知県次世代育成支援企業、高知市男女共同参画推進企業に選ばれている。そして、2015年ついに「第5回日本でいちばん大切にしたい会社大賞」審査員特別賞に輝く。
会社サイトhttp://www.first-1.jp/

 

 

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS