社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 会社対抗運動会2017秋 開催報告!

会社対抗運動会2017秋 開催報告!

会社対抗運動会2017秋 開催報告!

秋も深まった11月12日(日)、板橋区にある新河岸陸上競技場にて「会社対抗運動会2017秋」が開催されました。会社対抗運動会とは、社内コミュニケーションの促進や企業間交流を目的とした会社単位で参加する運動会です。

 今回は同年6月開催に続き、元気な会社をつくるプロジェクトの企画としては第2回目。「お菓子プリント」森永製菓株式会社様、「景品パーク!」株式会社ディースタイル様、「ほめるをつくるファクトリー」松下徽章株式会社様、「オリジナルユニフォーム」プラスワンインターナショナル株式会社様と多くの協賛をいただき、ピッチには総勢約110名、6チームが集結し、働く大人の熱い戦いが繰り広げられました!

 今回は初めてよしもとクリエイティブ・エージェンシーの岩瀬ガッツさんとスベリー・マーキュリーさんがメイン司会を務め、笑いありのトークで円滑に競技を進めてくださいました。種目内容は玉入れ、綱引き、リレーなど運動会ではお決まりの種目の他に、会社対抗運動会オリジナルの種目「ドッヂビー」や「障害物競走」を含む全7種目で対戦。同じ会社の社員同士がそれぞれの立場や年齢、性別を問わず、一丸となってスポーツに取り組むことで、これまでとは違った同僚の姿や新しい一面の発見があったのではないでしょうか。また社内だけでなく社外の人ともスポーツを通して交流することで、フィジカル的にはもちろん、心の距離においてもより近く接することができるのが他では体験できない会社対抗運動会の魅力です。

 見事優勝した“L”WEED軍(株式会社ロジカル)は、宅配運送事業の会社様で、男性単独チームで参加。チームワーク力はもちろんのこと、男性ならでわの力強さと猛進力でダントツトップの優勝。全てのチームにおいて、競技が進むごとに結束力が増し、チームの個性、強みが分かれ、一人一人が活躍し、それぞれのチームが輝く運動会となりました。

【優勝チームコメント】

 今回、社としては初めて運動会を行いました。以前から興味があったものの、自社単独での開催だと費用が高額でもある事から実行に踏み出せませんでしたが、会社対抗というイベントに参加させて頂く事で実現させる事が出来ました。参加者の感想は皆、楽しかった!との事でまた次も参加したいと盛り上がっております。今回は圧倒的な力で優勝する事が出来ましたが、次に参加する時も間違いなく優勝する事でしょう!私達を倒せる会社があれば是非挑んできてください!笑

 

 今後も会社対抗運動会のみでなく、「会社対抗スポーツフェスティバル」として様々なイベントを開催し、全国の企業様がひとつの目標に向かってチーム一丸となることで、チームビルディングの機会を作り出していきます。ぜひ多くの企業様のご参加をお待ちしております!

 

詳しい大会結果や今後のイベントスケジュールは、専用ウェブサイトに掲載しておりますのでそちらをご覧ください。

http://boost-inc.jp/csc/sportsday/result/201711.html

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS