社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 「健康経営と人を大切にする職場づくり」2     企業風土の健全性をはかるポイント

「健康経営と人を大切にする職場づくり」2     企業風土の健全性をはかるポイント

「健康経営と人を大切にする職場づくり」2     企業風土の健全性をはかるポイント

 

 健康診断で、実際に社員の健康状態が把握できます。では、企業風土の健全性はどのような指標を用いることで推し量っていけばよいでしょうか。

 これは人本経営に成功している企業で達成している事項を裏返しにしていくことで指標化ができそうです。以下、思案してみましょう。

 

1.仕事に対する意識

 ・現在の自分の仕事はやりがいがある

 ・自分の仕事の役割は明確でやらされ感なく仕事ができている

 ・仕事を通じて達成感を感じている

 ・仕事により自己成長を感じている

 ・プレッシャーを感じることなく落ち着いて仕事ができている

 ・特定の人に仕事が偏っていると感じることはない

 

2.職場での人間関係の質

 ・自分と上司との関係はよい

 ・自分と同僚との関係はよい

 ・上司・先輩等で尊敬している人物がいる

 ・上司はチームワークづくりに配慮している

 ・仕事をしていて周りから支援されていると感じることが多い

 ・職場には仕事に厳しく向上心のあるメンバーが多いと感じる

 

3.職場の雰囲気

 ・所属する部署では率直に意見具申できる雰囲気がある

 ・部門間、部課間の連携はうまくいっている

 ・性別に関係なく働ける雰囲気がある

 ・所属する部署は明るく雰囲気はよい

 ・職場で自分が役に立っていると感じられる

 

4.人材育成

 ・教育訓練の機会は十分に与えられている

 ・自分の仕事上の将来的な姿がイメージできる

 ・自分に対する人事考課は公平で納得できる

 ・自分の目標は明確である

 

5.職場の環境

 ・コンピュータ、工具等の機器・道具類は十分に整備されている

 ・仕事をしている場所の安全管理状態は良い

 ・仕事をしている場所の作業環境(空調・騒音・広さ等)は良い

 ・整理・整頓・清潔・清掃への意識が高く実践されている

 

6.将来展望

 ・会社の経営理念・経営方針に共感できる

 ・会社に愛着を感じている

 ・会社に将来性を感じている

 ・今後も今の会社で働き続けたい

 

7.ワークライフバランス

 ・会社は家庭の事情・都合を考慮してくれていると感じる

 ・仕事と家庭が両立出来ている

 ・会社は家族に対する気遣いもしてくれていると感じる

 ・会社は社員の健康増進に気を配っている

 

 このような設問をして、「そう思う・まあそう思う・あまりそう思わない・そう思わない」の4段階でチェックしてもらい、どの程度の充足感を感じているか、意識調査をしていくのです。

 一般的に指数度として「そう思う」と70%以上の社員が回答していれば企業風土の健全性はとてもいい状態といえるでしょう。60%で問題ないレベル、50%だと普通、40%以下を示した場合、慶全性を損なうリスクが高く改善が必要な段階にあると判断できるでしょう。

 以上は定性的な調査になりますが、これに次のような定量面での数値を加味しては社風の健全性を推し量っていきます。

 

定量面の項目

 ・5年平均の離職率

 ・年間でみた1月あたりの平均残業時間

 ・新卒採用件数の5年推移

 ・65歳以上の高齢者雇用率(あるいは継続雇用率)

 ・休日日数

 ・有給休暇取得率

 ・育児休業取得率および復職率

 ・報酬の業界平均、世間相場との比較 など

 

 いわゆる「いい会社」度の判定というような形になりますが、こうした社員意識調査で一定のスコアを上げられていることを確認することで、さらに自信をもって健康経営の邁進ができるものと考えます。

 

 株式会社シェアードバリュー・コーポレーションでは、このような企業風土の健全性をはかる「社員意識調査」をサービスとして行っていますので関心がある方はご照会ください。

中小企業のための健康経営セミナーのご案内

 

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS