社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

働きがいのある会社常連の日本サイバーエージェントの取り組み

top > 働きがいのある会社をつくる取組み > 働きがいのある会社常連の日本サイバーエージェントの取り組み

働きがいのある会社常連の日本サイバーエージェントの取り組み

離職率30%越えの組織

サイバーエージェントは離職率が30%の時期がありました。
それは、成果主義を徹底していたため個人プレーが目立つようになり社内の雰囲気も良いとは言えず、大量の中途入社で、生え抜き社員と中途社員の対立が生じることもあったそうです。
新規事業では成功しないことも多く、撤退となった場合のフォローが出来ていなかったため優秀な人材が退職してしまったことも。
このようなことが起きてしまったことの原因は社長の人事に対する考え方が現場に伝わっておらず、言っていることと、やっていることが違うと感じさせてしまい、経営陣側と現場の間に溝ができてしまったためです。
この溝を埋めるために、経営陣と現場を結びつける存在に人事がなればいいと考え、経営陣の言葉をそのまま伝えるのではなく、言葉の本質を捉え、その本質を経営陣から現場へ、そして現場から経営陣へと伝えていくサイクルを築きました。

離職率30%越えの組織

横の連携

また、社内には横の連携がなく、助け合える関係が少なかったため、社員制度の信頼関係を高めるために制度をつくりました。
たとえば、「懇親会費用支援制度」です。この制度では、チームで食事にいく場合、1回1人5000円を支給し、お酒が飲めない人でも食事目当てに参加ができます。
また、「部活支援制度」もあります。多くの社員が、サッカーや、フラワーアレンジメント、ゴルフ、テニスなど20ほどの部活があり、それぞれに参加し活動しています。
これは、共通体験をつくるためです。共通体験がなく、仕事だけの関係だけでは、業務の話しかしないので、深いところでつきあうことができません。

経営陣の役割

サイバーエージェントでは、新規事業を立ち上げるときなど数人のチームでゼロからサービスをつくりあげていきます。
メンバーの関係性が密なチームと、そうでないチームではトラブルがあった際の粘りが全然違います。
トラブルを解決するには話し合いが必要で、チームで議論を重ね乗り越えなければいけませんが、信頼関係があまりないチームでは、それができないのです。
社員同士のコミュニケーションをとる機会は経営陣や人事側が働きかけなければ、現場任せだとあまりうまくいかず消極的になってしまいます。サイバーエージェントでは、こうした経営陣や人事側からの働きかけをダイアログ・マネジメントと呼んでいます。このダイアログ・マネジメントこそが、多くの組織に求められていることなのではないでしょうか。
また、会社が大きくなり、人数が増えたときの一番の懸念は「しらけムード」が広がってしまうことです。やりがいや、存在意義が見出せないといった「しらけ」は、組織に感染し蔓延してしまいます。この「しらけ」を経営陣が素早く感知し排除します。
このように、社員の働きがいを引き出すのも経営陣の役割なのです。

経営陣の役割

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS

 

もっとキーワードを見る