社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

Googleなど働きがいのある企業の多くが導入しているマインドフルネス

top > 働きがいのある会社をつくる取組み > Googleなど働きがいのある企業の多くが導入しているマインドフルネス

Googleなど働きがいのある企業の多くが導入しているマインドフルネス

ストレス軽減が期待できるマインドフルネス

今、職場の働きがいを高めるため、マインドフルネスが広まっています。
これは過去や未来へ思いをはせるのではなく、今という瞬間に意識を集中するというトレーニングです。
欧米でマインドフルネスは、すでに医療やビジネスなどで効果を上げています。
シリコンバレーの有名な経営者たちも、マインドフルネスを実践しています。
また、日本でも働きがいのある会社ランキングで上位に挙がるような有名企業では、社員教育の一環として瞑想を取り入れているところもあります。
マインドフルネスをすることでストレスを軽減するほか、自己認識能力やセルフコントロール力の向上、実務スキルアップなどさまざまな効果が上がっています。



経営者や人事の思い

マインドフルネスのプラクティス方法

マインドフルネスを導入する企業の多くは宗教的な観点を持っておらず、あくまでも仕事の質を高める施策の一環として導入しています。
では、実際にどのような方法で実践しているのでしょうか。
まずは、リラックスした状態でイスに座ります。
そして、背筋を伸ばして座り、呼吸に意識を向けて、ただ呼吸を観察します。
呼吸に意識を向けていても、意識はあちらこちらに飛び、自然に何かの考えが浮かんできます。
たとえば過去の後悔や未来への不安などですが、このような考えが頻繁に浮かんできて、今に集中できない場合、「過去も未来も私の心の中の想像にすぎない」とご自分に言い聞かせましょう。
そして、過去や未来へ気持ちが飛んでも自分を責めず、ただ「自分は将来を不安に思っているのだな」と客観的に自分の気持ちを感じとるということも大事です。
マインドフルネスは一般的に瞑想のように座って行ないますが、慣れてくると普段の生活の中でも実践することが可能です。



マインドフルネスのプラクティス方法

継続によって社員のモチベーションに変化が

これらのプラクティスを続けていると、次第に今に意識を集中できるようになって、マインドフルネスが実現できます。
禅のような方法ですが、すでに世界中にある働きがいのある企業が導入しているプラクティスです。
社員のストレス軽減やスキルアップを考えている経営者は、オフィスにマインドフルネス用のスペースを導入してみてはいかがでしょうか。
きっと社員の働きがいにも好影響を与えます。
企業でマインドフルネスを取り入れるとしても、それほどのコストもかからないため、企業と社員両方の成功と健康、幸せを実現するのに、おすすめではないでしょうか。

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS

 

もっとキーワードを見る