社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

働きがいのある会社5位の「Plan・Do・See」の人気の秘密

top > 働きがいのある会社をつくる取組み > 働きがいのある会社5位の「Plan・Do・See」の人気の秘密

働きがいのある会社5位の「Plan・Do・See」の人気の秘密

あたらしい働き方こそ働きがいを生む

あたらしい働き方こそ働きがいを生む

半年ごとに社内での目標を振り返りながらシートを作成する、一見どこの会社にもありがちな光景ですが、Plan・Do・Seeはそれだけではありません。
上司の目から見て部下のモチベーションが上がらないポイントをすぐに見つけ出し、定量的な部分の改善をするそんな目標の方向転換をサポートしています。
さらに、定性的な目標もクリアして初めて車の両輪が揃うと確信しています。
Plan・Do・Seeにおける働きがいは仕事もプライベートも幸せになることにあります。
それはプライベートが充実していなければ仕事にもやがてしわ寄せが来るからです。
社員一人ひとりがディスカッションを重ね、その仕事を成功させるためには何が必要かもっと言えば、ネックになっている障害は何かを人事がサポート役に入って行くというスタンスを取っています。
しかも人事部のメンバーは常に入れ替わり柔軟な発想を大切にします。
働きがいのある仕事をするために実際に運用される制度が必要で、愛される制度は生きがいになり生産性も向上します。

 

黙っているだけではやって来ないその先のコト

黙っているだけではやって来ないその先のコト

社員の満足度を高めるために短時間労働に取り込んでいるのがPlan・Do・Seeです。
満足度の上昇は利益率の引き上げに比例します。
人々を幸せにできる会社になりたいということを目標にしているからこそできる仕事があります。
仕事の充実度は経営者によって変わるとすれば、経営者が面白い仕事をしなければなりません。
そのためにも社員に投資することも働くためのモチベーションアップへつながります。
この企業では、国内のレストランで飲食すれば半額が会社で負担します。
それはレポートの提出が条件ですが、単に楽しむのではなくその付加価値を計算しているのです。
ホテルの宿泊であれば3万円を上限に補助してくれます。
芸術においても若い社員にはどんどん新しい分野で吸収して欲しいという目論見があり、それがやがて会社の資産になると考えているからです。
豊かな人材を見つけるだけでなく育てていくという理念が、多くの若い世代から評価されていると言えます。
働きがいとは働きやすさと背中合わせで、自分たちで勝ち取るものなのです。

 

 

 

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS

 

もっとキーワードを見る