社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 「やらされ感のない職場を作るには」2      内発的動機づけを図るためのヒント

「やらされ感のない職場を作るには」2      内発的動機づけを図るためのヒント

「やらされ感のない職場を作るには」2        内発的動機づけを図るためのヒント

 では、具体的に社員第一主義のあり方に近づいていくためにはどうすればよいのでしょうか?

 

 モチベーションの真実

 

 「モチベーションは上げるのではなく、掘り下げていくもの」

こう本質的な名言を語られたのは沖縄教育出版の川畑保夫会長です。

 ・言われて嫌々やる仕事の成果・・・・・・・・・・1

 ・理解して納得してやる仕事の成果・・・・・・・1.6倍

 ・自ら目的・目標をもってやる仕事の成果・・2.56倍

 川畑会長は、上記のやる気の法則は確かにそうであろうと考え、毎日、時間をかけて朝礼で社員皆がヤル気のスイッチを入れる時間をつくっています。やらされ感のない状態をつくっていくこと、これが社員第一主義の第一歩といえるでしょう。そこに近づいていくためには、自社ではどうしていくことが現実的でしょうか?これを考えていきましょう。

 

 内発的動機付けが図れる共通言語をつくる

 

 その有効な答えのひとつが、社内に内発的動機付けが実現できる共通言語をつくっていくことです。

 「お客様が喜ぶことなら何をやってもいい」

こう宣言したのはバクジーの久保華図八社長でした。そして実効性を担保するために現場に権限を付与し、いいと思ったことはいちいち相談しなくてもOKとしました。こういう環境をつくることで内発的動機が誘引されていきます。権限移譲や付与も社員第一主義の企業文化があると功を奏していくことになります。

 「任せた以上は口に出さないことが肝要」

 これはホテルグリーンコアの金子佑子社長の言です。「ん?」と思ったとき、何か言いたくなったときこそ信じて黙ることを心に決めたそうです。社員がやろうとしていることにダメ出しして、上から圧力をかけるような外的コントロールをしようとすると自発性が引っ込んでしまうと語られていました。これはリーダーとして忍耐がいりますが、人本経営ではリーダーの役割はメンバーを管理することではなく、支援していくことです。気づき行動していくことを促し続けていきましょう。

 「家族だと思って接している」

 これは川越胃腸病院で働いているスタッフから聞いた言葉です。そうして接していくことで感謝が返ってきます。それがまた患者様に向かうエネルギーになるといいます。人本経営の職場では、社員同士、そしてお客様に対しても上下の関係ではなく、まさしく家族のような絆感に満ちた関係性を構築していく特長がみられます。ぜひ掲げたい共通言語といえるでしょう。

kobayashi.png

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS