社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 「やらされ感のない職場を作るには」4      人間関係の質をよくしていくことが組織の健全な成長の源

「やらされ感のない職場を作るには」4      人間関係の質をよくしていくことが組織の健全な成長の源

「やらされ感のない職場を作るには」4        人間関係の質をよくしていくことが組織の健全な成長の源

 

繰り返しになりますが、人本経営が形づくられるためには、職場での相互信頼に基づく人間関係がとても重要です。そのためには利己的ではなく利他的な対人関係をつくっていくことが求められます。この利他ということは、奥が深く、実践することはそう簡単ではありません。マズローも「自己超越」は最も上位の概念として指摘しています。どうすれば利他が実現していけるのでしょうか。

 

 成功循環モデルを意識して行動する

 

マサチューセッツ工科大学 のダニエル・キム教授は、組織の成功循環モデルを 提唱しています。

組織で活動していく場面では、そこに関わる構成メンバー(会社でいえば社員)一人ひとりが思考して行動を起こしていきます。そして、その行動が成果という結果を生み出しています。日々、このことを繰り返していく訳ですが、この結果は組織内の人同士、あるいは組

織と人との関わりの質が大きく影響を及ぼしているとキム教授は唱えています。

 

組織内での関係性、すなわち組織に対するコミットメント、上司と部下、メンバー同士、社員と関係会社、そして社員と顧客など、これらの結びつきがよければよいほど、思考の質が良くなってくるということです。

 

 関係の質が結果を左右する

 

例えば、上司と部下になんでも言える関係性があって、部下から提案をすると上司はきちんと傾聴し、受け入れていくという信頼関係があれば、部下はさらに役に立つためにはどうしたらよいか思考の質を高めていきます。

そうすると、その高められた思考から行動の質も高められていきます。今の自分では、今考えていることを実現するのは難しいから、学習して能力を向上させていこうと行動していきます。努力の末、今まで出来なかったことが出来るようになり、提供する仕事のレベルが高くなっていきます。そのレベルの上がった仕事に、顧客は「そこまでしてくれるのだ」と感動し、満足度が高められていきます。結果として、その組織とのロイヤリティが高まっていきます。

逆に、お客様の声をもとに「こうしたほうがいい」と何度提案しても、上司からリスクばかりを気にして却下され続けてしまうと、部下は「どーせ言っても無駄だ」と深く思考することをやめ、言われたことだけをこなしてればいいと行動が後ろ向きになっていきます。そんな状態で顧客と接していけば、それに応じた結果しか伴わないということは自明です。やがて顧客からも期待されなくなり、失注していきます。結果が出ないことを咎められ、ますます関係性が悪くなっていくと、社員の離職が繰り返され、組織は疲弊していきます。

 人間関係の質をよくしていくことが組織の健全な成長の源にあるとキム教授は指摘している訳です。ここに利己ではなく利他の重要性があるのです。

 kobayashi.png

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS