社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 「社員の家族が応援する会社へ」1  家族の応援が必要な理由

「社員の家族が応援する会社へ」1  家族の応援が必要な理由

「社員の家族が応援する会社へ」1                                          家族の応援が必要な理由

実は、元気な会社をつくるには、社員の家族の応援が必須です。というと、「どうして社員の家族が応援してくれる会社になる必要性があるのか」「どうして家族の応援が元気な会社につながるのか」という疑問が生じるでしょう。家族の応援を得て元気な会社にする具体的な方法を紹介する前に、まず家族の応援の必要性とその効果についてお話しします。

 

社員と家族には仕事に関する認識が違う

 

一般に社員の家族は、会社から給与をもらい生活を維持できていることを、頭ではわかっているものの、社員が夜遅くに帰ってきたり休みが合わなかったりすると、会社や仕事に対して不満を感じるものです。家族には、社員の仕事の内容や会社の状況は“他人ごと”で、自分たちの生活そのものが、良し悪しを判断する要素となるからです。家族にとっては、より豊かな生活をおくることや、家族と一緒に出かけるレジャーこそが、具体的に満足を感じることにつながります。

それに対し、社員は家族の一員であり会社の一員でもあるので、「家族の生活」と「会社での仕事」のバランスを常に考えています。以前の“モーレツ社員”ほどは「会社での仕事」を重視しなくなったとはいえ、サラリーマンである以上、無視できない要素には変わりありません。そう考えると、社員とその家族との間には、会社や仕事に対する認識のズレが生じるのは当然のことです。

 

社員の幸せは家族の理解が影響する

 

実は、会社での出世を望まず、家族との生活の充実を一番に考える社員が増えてきています。家族に認められたい社員が増えてきているのです。そのため、家族の会社や仕事への不満を解消し、家族に認めてもらうことが、社員の幸せへの近道といえます。家族の不満があると社員の働き甲斐がなくなるので、会社としては、家族のために頑張れる環境を創り上げる必要があるのです。

“ワーク・ライフ・バランス”が提唱される今、会社の経営としても、これまでの業績軸ではなく社員の幸せ軸で考えることの重要度が増してきています。会社と家族との距離を縮めることで、社員と家族との認識のズレをケアすることができ、社員のモチベーションを高めることができます。社員が元気で仕事を頑張ろうと思える会社にすることで、会社が元気になることにつながります。そのために、家族の理解や応援を得る必要があるのです。

 

社員の家族の応援を得るポイント

 

社員の家族が会社への理解を深め、応援したくなるには、いかに会社を“自分ごと化”できるかがポイントです。それにはまず、家族が「会社と仕事に接する機会」を設けましょう。会社の行事に積極的に家族の参加を求め、会社や仕事について知ってもらう機会を創りだすこと。例えば、会社の創立記念日に、家族に会社に来てもらう「キッズ会社訪問」や「家族参観日」などの事例があります。

次に、「社員のメリットを家族のメリットに広げる」こと。これまで社員のみで行ってきた社内リクレーション、例えば、食事会やBBQ、運動会、クリスマスパーティなどに家族が参加しやすいプログラムへの参加も呼びかけることが一番簡単です。健康チェックやウォーキングなどの健康に関するイベントは、家族も参加してもらうことで、家族の健康を気遣う会社の姿勢を訴求できます。また、ビーチクリーンなどのCSR活動では、その対象を家族のいる地域に設定すれば、家族もその意義や役割を、自分たちのメリットとして感じてもらえるでしょう。

さらに、福利厚生を家族対象に広げる企業も多くあります。社員旅行に家族を招待したり、誕生日や結婚記念日など、家族の記念日を休みにしたり、家族に花を届けたり、さまざまな取り組みが行われています。

matsumiya.png

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS