社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 「社員の家族が応援する会社へ」2  家族参加のイベントを活用

「社員の家族が応援する会社へ」2  家族参加のイベントを活用

「社員の家族が応援する会社へ」2  家族参加のイベントを活用

イベントは人と人が協力して創り上げるので、そのアウトプットより、どの目的で集まり何をしようとしたかが重要です。そのため、家族も参加するイベントを実施することは、共通の話題をもつことにより、より深いコミュニケーションを図ることができ、会社との距離を縮めるのに非常に効果的です。

 

展開事例①社員が家族と一緒に楽しむイベント

 

例えば、周年記念日、クリスマス、ハロウィンなどでの「パーティ形式」、食事会、BBQ、花火大会などの「リクレーション形式」、社内運動会、ウォーキングイベントなどの「スポーツ形式」と、社員が家族と一緒に楽しめるイベントなら、テーマは問いません。しかし、家族も一緒に参加することが原則なので、老若男女誰でも参加しやすく、楽しめる内容であることは重要です。

また、日程の決め方にも注意が必要です。業務の繁忙期は避け、業務に差支えのない時期であるだけでなく、参加する家族の都合も考慮して参加しやすい時期を選定することが重要です。特に、運動会や学芸会など、子供の学校行事のない休日に合わせると良いでしょう。そして、運営では、参加者を「お客さん扱いしすぎない」ことです。もちろん主催は会社ですが、参加型のイベントなので、やってもらうべきことはやらせる意識で運営すべきです。要は「みんなで作った感」を残す方が、主催と参加者の一体感を創り出す効果があるからです。

 

展開事例②会社のことを伝えるイベント

 

家族の理解を高めるためには、実際に会社を見せる「会社訪問」型のイベントが一番です。それを実施するには、まず「誰に伝えたいか」を考える必要があります。例えば、入社式では、新入社員の父兄を招待したり、キッズ会社訪問では、休日の子供達を会社に招待し、実際に両親の働く職場を見学することにより、会社への理解を促すケースがあります。

しかし、いくら会社のことを伝えたくとも、会社の情報を配信するだけの講演スタイルは適しません。それより「ただの説明に終わらない」ことを意識して、何かしら業務に関する要素を盛り込むことが大切です。例えば、社長との名刺交換やちょっとした作業など、会社の業務を体感できるというのも一つです。そして、業務の負担にならない準備スケジュールや内容を選択することも、うまく運営する上で重要です。

 

展開事例③みんなで地域社会に役立つイベント

 

その具体的な展開としては、例えばビーチクリーン、チャリティウォーク、チャリティバザー、ベルマーク活動など、様々な展開があります。会社の立地や業務領域、社員特性を考慮して、最適なテーマを選択することが必要です。その際、社員やその家族に「実施する意義や内容がわかりやすい」ことや、社員が家族に「説明しやすい」ことがポイントです。

また、「社員主導型」で運営できることも必要です。例えば、マラソン大会やウォーキングなどのスポーツイベントでは、給水ポイントでのボランティアとして参加してもらうことで、みんなで地域社会に役立った実感をつくり出せます。

そして、何より「地域に密着している」ことが重要です。それは「実施する意義や内容がわかりやすい」ことにつながりますが、地域に密着しているので、社員とその家族が共感を持ちやすくなるからです。

matsumiya.png

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS