社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 「いい会社づくり 何から始めるか」1    喫緊の課題となってきた幸福追求型経営の実現

「いい会社づくり 何から始めるか」1    喫緊の課題となってきた幸福追求型経営の実現

「いい会社づくり 何から始めるか」1    喫緊の課題となってきた幸福追求型経営の実現

戦後、社会の中心的価値基軸であった業績軸の経済至上主義が脱の時代を迎え、ポスト資本主義社会が色濃くなってきています。

 

マイナス金利~現実化するポスト資本主義

 

変化は昨日、今日、明日の連続で発生していますので、日常生活に埋没しているとなかなか意識できにくい感覚がありますが、さすがに「マイナス金利」政策の導入には、多くの方が世の中がパラダイムシフトしていることを実感させられたのではないでしょうか。70年ごとに社会的価値基軸が大変化するといわれている日本。

明治維新、終戦・・・

過去の70年周期では、それまで社会を支配する絶対的価値観と思われていたものが瓦解して、全く違う社会に生まれ変わっています。明治維新では封建主義が終焉し近代国家が勃興していきました。先の大戦敗戦を契機に軍国主義が滅亡し経済大国へ変身していきました。明治維新では、殿様という絶対的な価値観が亡くなりました。終戦により大日本帝国という国そのものが消失してしまいました。

今回のポスト資本主義(業績軸から幸せ軸へ)のパラダイムシフトでも同様のことが起きることでしょう。

 

急速に消滅していくことが予測されるもの

 

すでにその兆候がそこここに現出していますが、資本主義社会では中心にあったものの、これから存続が困難になるであろう存在の例として次のようなものが考えられます。

・拡大再生産を極め、変化できない大企業

・資本主義の枠組みでしか発想できない金融機関

・持続可能性を高めることが出来ない金融市場

・拝金主義的な仕組みや職業

 バブル崩壊やリーマンショックでは不幸になる人が続出しました。その要因をつくっているのは株式市場です。実体とはかけ離れたところで株価が乱高下して、それに翻弄される人々。およそ幸せとはかけ離れた状態です。現在の株式市場は時代と共にその役割を終えていく可能性は決して低くはないでしょう。

 

新しい時代に生きる覚悟をする

 

これから変化に対応していくためにはどうすればいいのでしょうか。

幸いにも、その答えがあります。

失われた10年といわれた2000年前後に、この抗いがたい社会環境の大変化を察知して、経営を経済至上主義の業績軸ではなく、幸福創出目的の幸せ軸の人本経営にパラダイムシフトさせた企業が、今、あらゆる業界で燦然と輝き出しているという事実です。

業績軸で物事を発想していると暗澹たる気持ちになりますが、幸せ軸で未来創造をしていくと世の中がバラ色に感じられてきます。

 

人本経営成功企業をベンチマークすることが、今、極めて大事

 

企業が他社の優良事例を分析し、学び、取り入れる手法のことをベンチマークといいます。

拡大再生産を目標とした業績軸の経営と、人の幸せ追求を目的とする幸せ軸の経営は、そのあり方が真逆といって差し支えないくらい違います。

だからこそ、歴史的変革期の今、幸せ軸で幸福追求型の人本経営に成功した先駆的企業をベンチマークすることは、極めて価値のある経営課題となっています。

では次回以降、何から始めていくかということについて考察していきます。

kobayashi.png

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS