社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 「いい会社づくり 何から始めるか」4       対話を深め関係の質を高め続ける

「いい会社づくり 何から始めるか」4       対話を深め関係の質を高め続ける

「いい会社づくり 何から始めるか」4       対話を深め関係の質を高め続ける

普通の状態の会社になるまでは、ある程度トップの強権発動をする必要がありますが、社風をよくして、やらされ感のない社員を輩出していくためには、どこかのタイミングで人本経営に舵を切る必要があります。言われたことをやるだけの社員から、自分の仕事にプライドを持つ社員へ育成していくために社員の個を認める会社づくりを始めていきます。

そのために大切なことは対話の促進です。

 

本音を引き出す対話を実現するために

 

茨城県を中心に人気ファミリーレストランを展開している坂東太郎。やはり当初は苦労が絶えませんでした。青谷洋治社長は、親孝行という経営理念を掲げ、いい会社づくりをしようと考えていました。業績は急成長しましたが、離職者が後を絶たない職場になってしまい、皆を幸せにしているつもりだったのに、そうではないから 社員たちが辞めていくと悟り、心を入れ替えます。

社員たちに本当に申し訳なかったという気持ちで向き 合い、膝を交えて素直に皆のことについて聞くために社長塾を開催していきました。3日間、全社員と対話するのです。社長にモノを言える日であり、青谷社長はとても緊張すると語られていました。

人本経営を志す経営者は、社員との対話がとても大事だと気づき、そのアプローチをしていきます。しかし、本音を引き出すことはなかなか容易ではありません。

どうすれば社員と本音で語り合うような対話ができるのか、青谷社長に尋ねてみました。

返ってきた答えはこうでした。

「確かに、むずかしいこと。本気で近づくために社員の家庭を訪ねたり、逆に自宅に呼んだり、家族ぐるみで社員たちと関わるようにしていった。」

社員一人ひとりの家庭環境を知り、その社員は家族のことでどんな喜怒哀楽があるのかを知ったうえで声掛けをしていくのです。自分自身のことについて、ああでもない、こうでもないと言われることについてはあまり心に響かない社員でも、自分の家族のことについて、我が事のように 社長が喜んでくれたり、悲しんでくれたりしたら、確かに感じ入るだろうと思わされました。

琴線に触れる、という感覚でしょうか。そんな場面があると、社員は「社長は本当に親身になってくれている」と感謝の念が湧いてきて、開襟しやすい状態になることでしょう。

 

人本経営は関係の質を高め続けていくこと

 

実践ヒント4「やらされ感のない職場を作るには」で紹介したように、仕事の結果には、組織内の人同士、あるいは組織と人との関わりの質が大きく影響を及ぼしています。

相手との関係の質が向上すると、その相手ともっとよりよい関係性を築いていきたいと思考の質が向上していきます。思考の質が向上するから行動がよりよく変化してきます。この結果、以前よりも良い状況が生まれ、さらに関係の質が高められていきます。

人本経営は突き詰めれば、関係の質を高め続けていく経営ということか出来ます。そしてこのことを続けていくと職場の空気感がよくなっていくのです。

ある会社の社長が語っていました。

「人本経営を志して行ったら、入浴剤を風呂に入れたときにお湯の色がみるみる変わるように、会社の空気感かよくなっていったように感じた。」

この体験をぜひとも多くの方に味わっていただきたいと念じています。

kobayashi.png

 

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS