社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 「いい会社づくり 何から始めるか」5       業績軸からの脱却の実現

「いい会社づくり 何から始めるか」5       業績軸からの脱却の実現

「いい会社づくり 何から始めるか」5       業績軸からの脱却の実現

人本経営について語ると、それは収益的に余裕がある会社だからできることというご意見をいただくことがあります。その通りです。逆に言うならば、収益性のあるビジネスモデルをつくり、実践しているから人本経営を行うことが出来るのです。

人本経営うんぬん以前に、経営をしているのですから、稼いで儲けることは当然に出来ていないと話になりません。それを余裕がないからと一蹴していては永遠に今の状況から抜け出すことはできないでしょう。

 

現在の職業でさらに幸福感を増大させる方向を考える

 

景況感がどうあれ、社会から選ばれる、必要とされる存在になることこそが唯一の結論です。浮かれずに、どんなことで、今、潮流がやってきている人本主義社会が求める必要性に応えていくかを考え抜いて、職業人生を全うしていきましょう。

ヒントは幸福感の増大です。今の職業で関わるステークホルダーの幸福感を増大させていくためには、どのような仕事をしていけばよいのか、考えるのです。

掃除屋に勤めていると知られるのが嫌で社名を公言できなかった社員たちが、今では社名を名乗ることを誇りにしているのが四国管財、さんびる、ベルです。ビルメンテナンス業界で輝くこの3社、経営のあり方は本当にそっくりです。

社員たちが会社に誇りを持てるための取り組みを一つ一つ丁寧に実践していきました。ベルの奥社長は「(人本経営の実践で)結果は出るかわからないけれども信じて行った。」と回想されています。

 

業績軸からの脱却を一日も早く実現する

 

今の時代、業績軸で他社と比較していても大きな成果は期待できません。必ず価格競争がつきまとうからです。ビルメンテナンスは外注先ビジネスで価格競争をさせられやすいのですが、前述の3社はいずれも口コミで業績を伸ばしていきました。

お客様に「あの会社はいい」と口にさせるには、何が必要なのでしょう。

役立つ、美味しい、面白い、楽しい、うれしい、いい感じ、成長できる、なくなってもらっては困る、ありがたい、調子いい、元気になる、感動する、親切、あったかい、やさしい…

このようなステークホルダーを笑顔にする源泉が幸福感の増大につながります。

今の仕事でそれが実現できるのはどういう時ですか。

今、収益を生んでいなくともかまいません。こんな仕事だったら実現できるかもしれない、とイメージできるようでしたら、それを形にしていく現状打破をしていきましょう。その際、業界の常識に惑わされないことが大事です。

業績軸から一日も早く脱却して、幸せ軸できれいごとを徹底していくこと――間違いなく、これがこれからの時代に持続可能性を高める経営を実現するための本質と断言いたします。

kobayashi.png

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS