社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 「メンタルケアを実践するには」1       メンタル不調多発に学ぶこと

「メンタルケアを実践するには」1       メンタル不調多発に学ぶこと

「メンタルケアを実践するには」1       メンタル不調多発に学ぶこと

現在、どの企業でもメンタル不調者が多発していることはすでに周知のことです。すこし古いですが日経新聞の2012年10月10日の報道によると、WHO(世界保健機関)の発表では世界では少なくとも3億5千万人がうつ病であるとみられているとのことです。

 全人口を約70億人とすると約5%です。この割合を日本にあてはめると、人口を1億2千万人として約600万人に相当します。企業の中で休職者の割合は約1%と言われますが、休んでいなくてもメンタルの調子が悪そうな人を考えると、5%くらいいてもあながち大げさな数字とは言えないのではないでしょうか。

 今後もますます増えるであろうメンタル不調ですが、今までずいぶんたくさんの薬が発売されてきましたが、さらにますます増えており、これまでのような対処法ではもう無理な状況です。メンタルに対する考え方を根本から変えることがスタートなのではないか、というのが本稿で提言したいことなのです。

 

今までの生き方、働き方が合わなくなっている

 

 では、なぜこんなにメンタルが発生するのだろうか。それは21世紀の時代に、今までの20世紀的な生き方、働き方が合わなくなったからです。合っていないのに、しかしどうしたらよいかわからずに20世紀的な生き方働き方を続けてしまっているから、全世界的にこんなに苦しんでいる人が増えているのです。こういった考え方をご紹介していきましょう。

 「人本経営」とは、働く人(経営層を含む)やその企業にかかわる人の「幸せ」を充足することから始めよう、ということが根本になっています。その企業にかかわる人の内面の「幸せ」を満たすと、おのずとお客様に貢献しようという気持ちが自然と高まってきて、結果的に顧客満足が高まり、ビジネスは好循環することで収益は上昇する、という経営手法です。こういうやり方で現在、多くの企業の収益が改善されています。

 この考え方を一個人に当てはめると、自分自身をまず「幸せ」な気持ちで満たそう、ということになります。まずは自分自身が幸せだなあと感じる生き方・働き方をしているとどうなるでしょうか。少なくとも、メンタル不調になる人はずいぶん減ることでしょう。また他者にもっと貢献しよう、他者に親切にしよう、といういわゆる「利他の心」が無理なく自然にもわいてくることでしょう。

 

社員自身が満たされていない可能性が高い

 

 問題は、今、私たちが実践している生き方、働き方はそもそも私たち自身を幸せな気持ちにさせているのか、ということなのです。一個人で考えると生き方・働き方というのは、会社から与えられるという側面もありますが、基本的には自分自身の問題です。基本的に自分自身に選択権があるのです。私たちは「幸せだなあ」という気持ちで、毎日を送っているのでしょうか。働いているのでしょうか。

 おそらく、そういう気持ちの人は非常に少ないでしょう。だからこそこんなにメンタル不調の人が多発するのです。現在、メンタル不調になっていなくても、なんとなく面白くない気持ちで毎日を送っている人まで入れると非常に多いのでないでしょうか。日本人ビジネスマンは国際的に比較すると、非常に幸福感が低いという調査結果もあります。もし、そうだとすると、自分自身が満たされていない可能性が高いのですから、その心理状態のままで仕事を行おうとすると、言い換えるとビジネスの基本である他者貢献(利他行動)を行おうとすると、いつかガス欠となり燃え尽きてしまうということです。

 これは企業単位で考えるとわかりやすいかもしれません。つまりES(従業員満足)が満たされていないままで、全力でCS(顧客様満足)を高めなさい、と命じるといつか社員は燃え尽きて疲弊してしまいます。

では、なぜ私たちの生き方・働き方はこうなってしまったのか。そしてどうしたらよいのか。この大きな課題について少しづつ考えていきましょう。

yamamoto.png

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS