社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 「生産性を向上させるメンタル対策」1    メンタル対策のスタートとは

「生産性を向上させるメンタル対策」1    メンタル対策のスタートとは

「生産性を向上させるメンタル対策」1    メンタル対策のスタートとは

1)「ストレス」は誤解されている

 

「仕事上のストレス」・・・。

 あなたはこの言葉を読むと、どんなイメージを持ちますか?「つらい」「しんどい」「大変そう」「うつ」「メンタルダウン」・・・。

 こんなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?私たちは仕事上ではストレスという言葉を、何となく悪いもの、というイメージで使っているのでないでしょうか。

 2016年12月から50人以上の事業所ではストレスチェックを実施することが義務付けられました。高ストレスと診断結果が出た方が自ら手を挙げれば、医師面談を受けられるというシステムです。しかし、私が見たところ積極的に手を挙げて医師面談を受ける人は、ほとんどいないというのが印象です。

 弊社とお付き合いいいただいている企業では、社員数が2000人、または3000人いても医師面談を申し込んだ人は0人です。これはなぜでしょうか?

 結論を言うと「高ストレスとは、とても悪いもの」で、医師面談を受けると「あなたは悪い=病気だ」と言われると連想するからだと思います。医師面談を希望するとなると、わざわざ「自分は病気だ」と周囲に公表するようなもので、企業の中ではこの印象はデメリット以外の何物でもないと思うのは当然のことでしょう。

 

2)ストレスを正しく理解する重要性

 

 しかし、ストレスとは本当に「悪いもの」なのでしょうか。結論から言うと、ストレスとは扱い方によっては「必ずしも悪いものではなく、人を成長させ、組織の生産性を向上させるもの」なのです。

 すこし前の話ですが、全日本女子アイスホッケーチーム「スマイルジャパン」が、ピョンチャンオリンピックの出場権を勝ち取ったというニュースがメディアで大々的に報道されました。ご覧になった方も多いと思います。このチームでメンタルトレーニングを担当された山家正尚メンタルトレーナーは、私と親しくお付き合いいただいている方ですが、山家氏は次のようなことを語っておられます。

「あらゆる困難を想定して、事前にイメージの中で備えると、実践で対処できる」

 スマイルジャパンがオリンピック出場権を獲得するまでの道のりで、どれだけストレスがかかったことかは想像に難くないでしょう。ストレスチェックをやれば、間違いなく全員の選手が「高ストレス」と認定されるはずです。

 しかし、高ストレスだからと言ってトレーナーや監督が「すぐ医者に行け」などと言うでしょうか?言いません。なぜならスポーツの世界では、ストレスとは「自分の成長とチームの勝利のためには必要なもの」と認識されているからです。

 では、ビジネスの世界ではどうでしょうか?今回義務化されたストレスチェックで「高ストレス」と判定されると、経営者、そしてメンタル担当者、そして当事者などが「悪いもの」「医者に行かなければならないもの」とイメージしてしまうということはないでしょうか?

 ストレスの捉え方が完全に偏っています。企業にもそれぞれの目標があります。そして経営者をはじめ社員はその目標に向かって日々、努力しています。目標達成には「ストレス」かかるものなのです。本来悪いものであるはずがないのです。

 扱い方を知らずに放っておくと悪くなりますが、正しく扱うとストレスは、ヒトを成長させ、組織の生産性を向上させるもの、なのです。

 弊社がかかわっている企業では、メンタル問題を適切に扱うことで企業によっては、売り上げが向上し、大幅なコストダウンが達成され、時短、働き方改革が成功し、従業員満足が向上する、などの成功事例がたくさん出ています。

 しかし、そのためには経営者や上司に「ストレスを適切に扱う手腕」が必須です。次回の原稿では、ストレスとは簡単に良いものに変えられるのだということを知っていただくために、私が企業で使っている数あるメンタル改善テクニックの中から、最も初歩的なものをひとつだけご紹介してみたいと思います。

 

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS