社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 「生産性を向上させるメンタル対策」4   生産性向上させるステップ(2)

「生産性を向上させるメンタル対策」4   生産性向上させるステップ(2)

「生産性を向上させるメンタル対策」4   生産性向上させるステップ(2)

では今回からは、社外の専門家を上手に活用しながら「社内ストレスを解決しながら生産性を向上させるための6つのステップ」について解説していきましょう。何をやるのかについて結論から端的に言いますと、全社員または、ある特定の階層、職位の方々全員に実施する社外メンタル専門家による「ストレス面談」です。

6つのステップを踏みながら実行していきます。

 

STEP1 経営トップの宣言

 社内のストレスを解決しながら生産性を向上させるためには、まず、スタートとして絶対に欠かせないのが、トップの宣言です。社員に対して何を宣言するかと言うと、「皆さんが、今以上働きやすいと感じる職場にするために、ぜひ社外のストレス専門家に頼んで職場のストレスを改善します。ぜひ率直な話をしてください。出された意見は匿名でしか上がってきませんからご安心下さい。出された意見すべてに対応できるとは約束で来ませんが、意見が多くてすぐできることについては取り組みます。」

 このようにトップが宣言することで、それならば率直に言ってみようと社員は思うのです。

 

STEP2 マイナスからゼロへの社員支援を行う

 STEP1を行ったうえで次に行う事は、社外ストレス専門家による社員への直接面談です。社員が抱えているストレスを解消する支援で、マイナスをゼロに持っていく支援です。「本当はこうなれば会社はもっとよくなるのに」「今まで言えなかったけど実はお客さんからこういう手厳しいクレームが来ている」「経営層のこういう言動がやる気をなくさせる」「自分の意見をもっと取りいれてもらう仕組みを作ってほしい」「このままでは会社に将来が心配だ。なぜ、こういうことをしないのか。すれば成功するのに」など。実に様々で、時には手厳しい意見が出されます。

 いきなり面談する前に事情が許すのであれば、ストレス専門家による挨拶がわりの基礎セミナーを行うとよいでしょう。

 このステップを成功させる最大のポイントは、「社員の激しいストレス、不満感情を鎮める確実な面談テクニックがあること」です。実は激しいマイナス感情は、脳内の感情の発生装置である扁桃体(へんとうたい)という部位の慢性的な興奮から作り出されます。

 面談者にこの扁桃体の興奮を短時間で確実に鎮める技術がないと、社員は延々と不満を爆発させ続けることになりおさまらなくなるのです。弊社顧問である筑波大学名誉教授・宗像恒次博士が開発した脳科学に基づくSAT法と言う面談技術は、確実に扁桃体興奮を短時間で不安、怒り、悲しみなどの激しい感情を鎮めることができる、数ある心理療法の中で唯一の手法を持っております。

*SAT法=StructuredAssociationTechnique(構造化連想法の略)。厚労省HP

 「こころの耳」では、ヘルスカウンセリングと言う名称で掲載されており、数あるカウンセリングの中で唯一「メンタルヘルスカウンセリングを行うカウンセリング」と紹介されている政府も認知している信頼性あるストレス解消面談技術です。

 

STEP3 ゼロからプラスへの社員支援を行う

 STEP2を成功させると社員のマイナス感情、ストレスは大きく静まり、やっとゼロベースのレベルに戻ります。そこでやっと前を向けるようになるのです。そこで次に行うのが、ゼロからプラスへの支援です。

 実は弊社で非常に数多くの社員面談を実施してきましたが、高ストレス者と呼ばれる社員の多くは、何が原因でストレスになっているかと言うと、自分自身の仕事を成功させるスキルがないために悩んでいることが多いのです。

 たとえば、「目標達成の方法がわからない」「上司との付き合い方がわからない」「部下の動かし方がわからない」「他部署との連携の仕方がわからない」「自分自身の課題の解決法がわからない」「自分のストレスの解消法がわからない」「上司に評価される報告の仕方がわからない」など。

 こうしたことがよくわからなくてストレスに陥り、うまくいかず悩んでいる人が少なからずいるのです。これは病気ではありません。仕事のやり方がわからないという問題です。そこで具体的な仕事の進め方のスキル、知恵を一緒に考えることで将来への明るい見通しを作る、ということです。これがゼロレベルからプラスのレベルに持っていく支援です。

 マイナスをゼロにし、次にゼロをプラスにすることで、社員の皆さんは充足され、ここでやっと会社に対して前向きな意見を出せるレベルになるのです。 

 

STEP4 会社への前向きな要望を引き出す

 STEP,STEP3を行うと、社員は基本的に満足しますので、やっと会社に対して前向きな意見を出せるようになります。たとえば、「会社はこういう方向に進むともっとよくなるんじゃないか」「こっちに目を向けると新たなビジネスチャンスがあるのではないか」などです。この二つのステップがうまく処理できないと、会社に対して不満や文句をしか出てこないことになります。生産性を向上させるメンタル対策を成功させるには、マイナスからゼロ、ゼロからプラスの両方の支援を成功させられるプロがいなければなりません。

 今現在、メンタルにかかわっている専門家の多くは、マイナスをゼロにもっていく専門家として医師、産業医、産業保健スタッフ、カウンセラー、セラピストなどがいる一方で、ゼロをプラスに持っていく専門家としては、コーチ、キャリアコンサルタント、などの方々がおられます。

 彼らの多くがどちらか一方の支援なのです。医師がゼロからプラスの支援をすることはほとんどありませんし、コーチがマイナスをゼロに持っていく支援をすることはほぼありません。

 弊社顧問である筑波大学名誉教授・宗像恒次博士が開発した人間総合支援スキルであるSAT法は、マイナスをゼロに持っていく手法としてSATセラピー法を持ち、ゼロをプラスに持っていく手法としてSATコーチング法、SATソーシャルスキル法を持っております。

 2つの分野の技術を総合的に駆使することにより、メンタルストレスを解消し仕事力を向上させ、その結果会社への前向きな意見を引き出すことに成功するのです。

  

STEP5 要望・意見の集約。そしてトップへの匿名での報告

 さまざまな要望、意見は分野別に分類します。そして匿名にしてトップへ報告します。よく出てきた意見に対して負担を感じる経営者がおられます。それは、出てきた要望、意見に対してすべて応えなければならない、と考えるためです。

 実はそんなことをする必要はありません。出てきた要望、意見には次の3種類があります。「すぐできる重要なこと」「時間がかかること」「そもそも無理なこと」。社員も言ってもすぐにはできないことがあることはわかっています。きちんと受け止めたことを社員に伝えればよいのです。

 たとえば、部署を移動させてほしい、などの意見が出ますがこれなどは会社の事情によって、できないことがあります。しかし、すぐにはできないがそういう意見があることはわかったので、それを反映できる仕組みがないかどうか考えていく、というメッセージを社員に伝えれば大丈夫です。

 こういう取り組みを何年も重ねることで、「トップはきちんと自分たちのことを考えてくれるんだ」がという信頼が生まれ、それがモティベーションアップ、生産性向上につながっていくのです。

  

STEP6 組織改革を実行する

 同じ意見が多く、すぐにできそうなことから実行に移していきます。この段階で一番重要なことは、出た意見に対して会社はどう考えたのかをフィードバックすることです。これがないと、「結局、言っても無駄だった」と社員に思わせることになりますので、これでは逆効果です。

 それとここは注意点になりますが、トップから見ると「え?そんな(レベルの低いこと)で、皆が困っていたの?」と思うようなことが出てくると思います。しかしこの後の他社導入成功事例を読んでいただければわかると思いますが、トップから見た「そんなこと」で皆はストレスに陥っているのであり、「そんなこと」をトップが解決する、と決めたからこそ大きな売り上げや莫大なコストダウンを成功させているのです。

 「そんなレベルの低いこと」だったからこそ今までトップは気が付かなかったともいえますので、社員のメンタル上の要望や意見は、重要な生産性向上のネタととらえることが成功させるコツです。

 

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS