社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 「生産性を向上させるメンタル対策」5   現場適用の諸注意

「生産性を向上させるメンタル対策」5   現場適用の諸注意

「生産性を向上させるメンタル対策」5   現場適用の諸注意

さて、ここからはSTEP1~STEP6までを成功させるうえでの注意点を解説したいと思います。

 

1)やろうとしている本質をよく理解する事

 

 STEP1~STEP6までの手法は、下記の3つのポイントをよく理解しないとうまく行きません。それは何かと言うと、

(1)うつ、メンタル不調は脳内の感情の発電装置である扁桃体(へんとうたい)によって引き起こされるという事。そして、

(2)扁桃体は、周囲の表情や声のピリピリトゲトゲの信号などに敏感に反応するということ

(3)職場で働く人々の表情、声のトーンをほんわかあったか信号に変えることでと生産性が初めて向上するということ。

順にご説明します。

  20131020日にテレビ放映されたNHKスペシャル「病の起源うつ病」や201618日にテレビ放映されたNHKスペシャル「キラーストレス」でも専門家から解説されたように、うつやメンタル不調を作り出す慢性的なストレスは、脳内の感情の発電装置である「扁桃体」が作り出している、と言うことが少しづつ知れ渡るようになりました。

 

 弊社顧問である筑波大学名誉教授・宗像恒次博士は2000年以降、この扁桃体に注目し研究を続けてきましたが、博士の研究により扁桃体は実は、周囲のピリピリトゲトゲした「表情」や「声のトーン」に激しく反応し、うつやメンタル不調を作り出す恐怖感情や不安の感情を発生させることがわかってきました。

 そして扁桃体の敏感な感受性を鎮め安定化させるためのSATイメージワーク法を開発し、某上場企業では3年半初回うつ休職者の再発率が0%いう結果に貢献しています。

 現在、多くの企業ではうつやメンタル不調の再発を繰り返しています。それは、その会社の社員の表情や声のトーンがピリピリトゲトゲして険しいことが原因で、このことから扁桃体を守る対策を行っていないためです。

 扁桃体を安定化させるには2つの方法があり、ひとつは本人にイメージワーク法を行い、本人の扁桃体感受性を改善することです。STEP2ではこれを行っているのです。

 もう一つは、周囲の人の「表情」と「声のトーン」をほんわか、あったかなトーンに変えることです。このことでお互いの扁桃体を安定化させ安心安全な組織つくりを行うということです。

 STEP1からSTEP6までの手順は、その人のあるがままの要望を吸い上げる仕組みで、そのことで一人一人のストレスを解放し一人一人を笑顔にすること、そして結果的に社員全員を笑顔にする、つまり、社員全員がほんわかあったかな「表情」「声のトーン」が出てくる組織にする、ということを行っているのです。

 社員全員の扁桃体が安定化する組織つくりを行うために、行っていることなのです。このことをぜひとも、ご理解いただきたいと思います。扁桃体と言うのは非常に敏感な組織ですので、つくり笑いは通じません。社員全員が、自然な笑顔がわき出る組織つくり。これを目指しているのです。これを達成するために、社員一人一人のメンタル、ストレスを改善すると言うものを切り口にしているのです。

 と言うことですので、面談者には扁桃体を安定化させることができる技術があることが非常に大切なポイントになります。もし身近におられない場合は、ご相談ください。

 

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS