社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 「会社を元気にする周年事業」4       事例b:周年パーティーの開催

「会社を元気にする周年事業」4       事例b:周年パーティーの開催

「会社を元気にする周年事業」4       事例b:周年パーティーの開催

 日頃、業務を行う社員やパートナーに対して、会社が感謝の意を表すことは、周年事業としては非常に重要な役割だと考えています。そのため、弊社では周年事業の1つに周年パーティーの開催を検討しています。

 

周年パーティーにふさわしい内容とは何かを吟味しよう

 

 もともと社員を対象に、1年の締め括りとして忘年会を毎年行っていますが、20周年を機に、さらにパートナーを加えて感謝の場を設けようと考えています。ただし、クライアントを招待するかどうかは現在、検討しています。この会を営業的な意味合いよりも、社内や協力会社との結束力を高めることに集中したいと考えたからです。これまでの忘年会は、若手社員に企画させ実施しているので、今回もその形式で進めたいと考えています。

 しかし、例年は1年間の感謝にとどまりますが、今回は創業以来の20周年の感謝なので、内容はバージョンアップを図ります。例えば、これまでの弊社の経緯を振り返って感謝の意を表すると共に、次の20周年に向けた結束を改めて呼びかける場として活用していきたいと考えています。まさに、シンボルに選定した周年ロゴの制作意図の「100年継続する企業としての最初の20周年」と合致する展開になります。そのため、若手社員に企画を任せる形式とはいえ、抑えたい方針はあらかじめ明確に設定して、それを受けた実施内容をしっかり吟味していく必要があります。

 

周年パーティーの目的は明確に持つことが重要

 

 弊社の周年パーティー開催の目的は、大きく2つあります。1つは、この20年間の社員およびパートナーの協力に対する感謝を表すこと。そして、次の20年に向けた結束の強化を呼びかけることです。感謝すべき対象は、会社や業務内容、あるいは環境によって異なるといえるでしょう。

 弊社では、特にパートナーなくしてはビジネスが成立しないので、その関係性を大切にしていくことが重要です。また、社員においては、若手から中堅に育った社員がここ数年で結婚を予定しており、新卒の若手メンバーも増えてきているので、これからの社風を作り上げていく上で、この周年パーティーは大きな意味を持つと考えています。

 いずれにしても、周年パーティーをただ実施するのではもったいない話です。何年かで1度の大きな節目ですから、会社の気持ちを明確に伝える場、良いタイミングとして戦略的に活用していくべきでしょう。そのため、周年パーティーを開催する目的は事前に明確に抑えておくことが必要です。それに応じた内容や開催形態、招待する対象の範囲を決めて実施していきましょう。周年パーティーを、単なる“お祭り”に終わらせないことが重要です。

 

周年パーティーを実施する上での課題とは

 

 周年パーティーを実施する上では、「このプロジェクトを誰が推進するべきか」という大きな課題があります。極端にいえば、経営主導にするのか、それともメンバー主導にすべきなのかという選択の話となります。会社の気持ちを明らかにするのであれば、経営主導の方が適していますが、周年事業を自分ごと化するという意味では、メンバー主導にするという選択も考えられます。

 弊社では、これまで忘年会の企画・運営を、若手社員に任せてきました。イベント企画・運営を業務としていることもあり、社内イベントの企画・運営の経験を積む点でその意義は大きいと考えています。また、イベントは人が動く分だけどうしてもトラブルがついて回ります。しかし、万一起こったとしても、社内のイベントのため、トラブル対応や予防する対策などをフォローすることができますし、それ自体が本業に役立ちます。とはいえ、20周年は大きな節目となるので、そうそう失敗が許されるわけではないので、若手社員に任せるとしても、事前のチェックやフォローが必要だと考えています。

 

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS