社員満足を上げ、働きがいのある会社へ「元気な会社をつくるプロジェクト」

top > 記事一覧 > 「経営者のための『うつ社員』再戦力化法」6       組織導入のポイント

「経営者のための『うつ社員』再戦力化法」6       組織導入のポイント

「経営者のための『うつ社員』再戦力化法」6       組織導入のポイント

ここで紹介しているうつ、メンタル対策を導入する際には、以下のような注意点があります。

 

1)うつ、メンタルヘルスは個人の性格要因によって引き起こされるが、それを生かすも殺すも企業次第

 

 うつ、メンタルヘルス不調は、個人の性格要因が大きな原因だと説明すると、時々、こういう質問をうけます。「個人的な原因だったらなぜ、企業がそこまで面倒を見なければいけないのか。自分で解決してほしい」答えはこうです。もともと日本人は、今も昔も非常にデリケートな民族なのです。それを昔はうまく使っていたからこそ、製造業のクオリティは世界一であったし、かつてはジャパンアズナンバーワンと言われたのです。

 「うまく使っていた」とは、個人に時間(とお金)をかけて教育していた、と言う意味です。現代では、企業は人の教育にほとんど時間(とお金)をかけないのです。ちょっとでも業績が上がらないとすぐに評価を下げたりリストラしたりします。デリケートな人々を使えるようにするには、時間をかけた教育が必要だということです。いわゆる‘90年代以降日本を席巻したグローバルスタンダードの悪しき弊害ではないかと思います。一度傷ついた人を復活させるには非常に時間がかかるのです。

 自己責任で治してこい、と命令するとほとんどの日本人はデリケートですからその企業にいられなくなるでしょう。または自分の殻に閉じこもってコミュニケーションをしなくなるでしょう。離職率が高くなるのはある意味必然と思います。それでも良いですか? と言うことです。個人の成長に投資するかしないか、と言う問題です。

 

2)うつ、メンタルの原因はなにか、わかろうとすること

 

 経営者やまたはメンタル担当者に、うつ、メンタル不調の原因を積極的にわかろうとする姿勢がないと、わからないのでたぶん主治医や産業医に丸投げする、ということになるでしょう。

 病気のレベルを日常生活に問題ないレベルに戻しても、うつ、メンタル不調の問題は解決しません。本人の周りの顔色を非常に気にする性格的な課題を解決する必要があります。これがメンタル不調を作る根本原因だと知って、その専門家である心理療法の専門家も組み合わせていくことが大切と思います。

  

3)ストレスは悪いものではないと知ること

       

 義務化されたストレスチェックを行うと、高ストレス者が判定されます。この高ストレス者とは、病気レベルに陥っている人ではありません。その手前で、仕事のやり方がわからなかったり、人間関係問題で悩んでいたりするのです。

 彼らのストレスとなっている原因を弊社スタッフが、簡易カウンセリングするとおどろくほどその後、モティベーションが上がります。また、組織としてコストダウンや利益増、離職率低下に結び付いた事例もあります。

 ストレスの中には個人の成長、または。組織の生産性の向上に結び付くヒントが埋まってるのですよ、ということです。悪いもの、すぐにお医者さんに行けというのは偏った見方で、そんなことをしていたら社員全員が委縮してしまう事でしょう。

 ストレスの原因を解決してあげるソリューションを提供することで、人の成長と組織の生産性を向上させることができると信じることが一番大切と思います。

  • LINEで送る

 

ACCESS RANKING

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

実践ヒント

「社内を活性化するために」2       社内に“一体感”をつくる

これまで長く経営をされてきた方の中には、社会も会社も大きく成長することを目指して一丸となっていた高度成長時代からバブルがはじけるまで、社内が活気づいていたことを鮮明に覚えている方もいらっしゃるでしょう。あの頃は社内に“一体感”があり、会社といわず社会全体が活気づいていました。それを支えていたのは、多くのモーレツ社員でした。 しかし、今どきの社員は、所属意識や連帯感の単位が社会や会社ではなく、ごく親...

「社内を活性化するために」1                    社内を活性化するキッカケ創り

実践ヒント

「社内を活性化するために」1         社内を活性化するキッカケ創り

経営者の代表的な悩みに、社内に活気がない、社員がなんとなく元気がない、常に仕事や時間に追われている、組織間に交流がなく事業の幅が広がらないなどがあります。そのため、社内を活性化させるニーズは多く、検討している企業も少なくないでしょう。社内を活性化させることで、文字通り「会社を元気する」ことができますが、どこから手を付けて良いものか思いあぐんでいるケースも多くみられます。 そこで、今回は社内を活性化...

新刊本のご案内

スタッフ・アイズ

新刊本のご案内

こんにちは、元気な会社をつくるプロジェクトの山本です。9月14日に私の新刊本が発売されます。 「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」(出版社・秀和システム) 日本人の80%は不安遺伝子を持っているという研究報告があります。この報告によるとアメリカ人は40%前後です。アフリカ人は27%です。これがあるとどういうことになるかというと、ものすごく不安、パニックになりやすい反面、ものごとに几帳面...

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」5      強い社員を育てる育成法2

前回の原稿では、自己報酬追求型の社員を育てるための3つのトレーニング法のうち、1つ目である「認められたい気持ちを充足するトレーニング」について解説しました。 今回の原稿では残りの2つの原稿について解説します。 「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」 2つ目のトレーニング法は、「自分自身を満足させたい気持ちを充足するトレーニング」です。私達は皆、「認められたい」という欲求を持っていま...

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

実践ヒント

「メンタルケアを実践するには」4      強い社員を育てる育成法1

前回は、経営者自身が他者に認められたいという欲求に突き動かされた「他者報追求型」の生き方・働き方から、他者からの評価どうこうではなく、自分自身を満足させまた社員満足に無条件で貢献する(利他の心)、という「自己報酬追求型」の生き方・働き方にシフトすることが、経営者自身のメンタルを安定させ、社員のメンタル問題を解決し、ひいてはESを向上させCS向上にもつながる方法だという観点からご説明しました。 今回...

すべての記事一覧へ

KEYWORDS